慢性的な金欠ではキャッシングは避けるべき!キャッシングは一時的な出費に!

銀行や消費者金融のキャッシングローンは、利用目的が原則自由であるため、生活費の補填やレジャー費、冠婚葬祭費用まで使用することができます。しかし、何にでも使えるからといって慢性的な金欠で生活費の補填に利用するのはおすすめ出来ません。

慢性的な金欠は、キャッシングの過剰利用に直結してしまい債務超過のリスクを増加させてしまいます。どうして生活費が不足するのか、キャッシングにより補填した場合はその補填分の返済をどこから行うのかしっかりと考えることが重要です。

一時的な出費で、毎月貯蓄に回せる分の余裕があるのであれば、キャッシングは有効なものとなり使用するリスクは少なくなります。ですが、金欠をキャッシングで埋め合わせ、翌月にキャッシングの返済で金欠になることだけは絶対に避ける必要があります。もし、生活費の不足が生じているのであれば、無駄を探し、節約を行いましょう。しかし、既に悪循環に陥っている場合は債務整理などの適切な対応を行うのが先決です。