キャッシングの審査で行われる2つのこと

初めてのキャッシングだと不安になるのが審査です。キャッシングの審査ではその人に返済能力があるのかどうかを確認します。まずは信用情報を調べて、今までに返済事故がなかったか、借金があるのかどうかを調べます。

キャッシングは年収の1/3までの額しか借りることができませんので、多少借金があっても返済を延滞していないのなら、必要以上に不安になることもありません。キャッシングの申込みの時に現在の借金について記入する欄がありますが、嘘を書いてもすぐにバレてしまいますので正直に書く必要があります。

そして、返済能力の有無を確認するために勤務先への在籍確認が行われます。これはその人が本当にその勤務先に勤めているのかどうか、金融機関名などは伏せて電話で確認を取ります。はっきりとキャッシングのことを勤務先へ告げるようなことはありませんので、それほど心配することはありません。

クレジットカードの作成などでも同様の在籍確認を取りますので、あまり気にすることもありません。ですが絶対にバレたくないのなら、自分の勤務時間内にキャッシングの申込みをしておいて「自分宛に電話がかかってきますから」と社内の人に告げて、在籍確認の電話が来るまでは全て自分が電話を受けるという方法もあります。