キャッシングの本人確認の意図となりすまし防止

キャッシングの申し込みでは、身分証の提出が必ず必要です。たいてい免許証の提出が必要なのですが、保険証なども認められる場合が多いです。もっともキャッシングの業界では身分証という表現ではなく、本人確認書類という名称が用いられるのですが。

この本人確認書類を提出しないと、キャッシングの申し込みはできないようになっています。提出方法は、郵送でもネット媒体でも構いません。

では、なぜ本人確認書類を提出する必要があるのでしょうか。

その理由は色々あります。住所を確認したい意図もあるのですが、それ以外にも申込者が本当に本人であるかどうかを確認する為です。

というのも次のような状況が考えられるからです。Aさんという方がキャッシングの申し込みをしたとします。申込書にも、Aさんと記載されているとします。ところでその申込書を記載した方は、本当にAさんなのでしょうか。

そうとは限りません。もしかするとAさんではなく、Bさんという方が申込書に記載しているかもしれないのです。Bさんが記載をしているとしたら、BさんはAさんを装っている事になりますね。いわゆる「なりすまし」に該当します。

キャッシングの申し込みにて本人確認書類の提出が必要になる理由の1つは、なりすましか否かを確認する為なのです。