定期預金をするとメガバンクの方から銀行ローンを案内して来る

無担保で保証人の必要もなくお金を借り入れたい場合、まず検討したいものに銀行ローンがあります。

なぜなら、銀行の金利は比較的低く設定されていますから、返済をする際それだけ楽だからです。

また、銀行ローンは条件さえ満たせば、かなり大きな借り入れ枠を設定することも可能になっています。

普通のユーザーであれば、どちらかの銀行のカードローンをひとつ組んでおくだけで、他社を利用する必要もなくなります。

それほど銀行ローンは便利で頼りになるローンだといえます。

それでは、それだけ便利で頼りになるなら、ぜひ取得しておきたいと思うものの、ノンバンクのカードローンに比べ、審査が厳しいのではないかと考え、申し込みに尻込みしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、相手が銀行となると、敷居が高く感じられるものですね。

バブル期などは、小口のカードローンユーザーを、度外視していたとも取れる報道が為されたこともありました。

しかし、現在の銀行は消費者金融をその傘下に収めるまでに変わって来ています。

借り手が小口のユーザーであれ、銀行は貸金のプロとして、お金を貸すことで利益を出そうとする営利企業に変貌して来ています。

ですから、必要な手順を踏んで、必要な条件をクリアしさえすれば、低利でお金を調達することも可能になるわけです。

その際、銀行がもっとも重視するのは借り手の信用です。

そして、メガバンクにさえ誰でも信用を取り付ける簡単な方法があります。

定期預金口座を開いておくことです。

基準額は銀行によって異なると思いますが、預金残高が一定額を超すと、銀行の方からカードローンの案内を寄越してきます。

そのときが最もいい条件で銀行ローンを組める時期です。